運動を始めました

こんにちは、今日もモリモリ食べるっちまです。

私は5月19日(土)より、運動を始めました。ランニングです。今まで家に引きこもって絵を描いたり、ネットサーフィンをしていたので、実に10年ぶりの運動です。走った次の日は、筋肉痛がひどく、(どうして運動なんか始めてしまったんだろう)という後悔でいっぱいでした。

・なぜ運動を始めたのか

ここ1年で、約10キロ太ったことが一番の理由です。半年間ドイツへ行って、フライドポテトをたくさん食べてきました。ドイツのフライドポテト、ポメスはあっさりとしたマヨネーズがよく合います。レストランではフライドポテトが料理の付け合わせとしてもついてくるのですが(ご飯みたいな感じで)、それだけではもの足りずポメス屋でもよく買っていました。思い出すだけでも、よだれが出そうです。
帰国後もファーストフード店で、フライドポテトを食べていました。最近はお腹の周りに肉がついてきたので、フライドポテト活動(定期的にフライドポテトを食べる活動)を控えています。

また二番目の理由は、汗をかく身体を作りたかったからです。現在、私は夏でも汗をかきづらく、身体に熱がこもってしまう体質です。運動をすることで、体質改善をしようと思いました。

・実際に走ってみて

皇居ランをお勧めされたので、約5キロを走ってきました。最初に軽くストレッチをしてから、とりあえず走り始めました。驚いたのは、自分が走る時に、ドスドスという音をたてていることです。まるで自分が、小さな恐竜のようでした。
ランニングに誘ってくれたパートナーから、「走る時に身体を上下に動かすとエネルギーを使うから、あまり身体を上下に動かさずに足を前に進めるように走るといい」とアドバスをもらいました。身体を思うようにコントロール出来ませんでしたが、少しずつ走り方を改善していくうちに、いくらかマシな走り方になりました。700m走った時点で、息切れしました。それからウォーキングをし、再度ランニングに戻るというのを繰り返しました。
(走っている途中に、自動販売機かコンビニがあるだろう。そこで飲み物を買おう)と思い、パンツのポケットに五百円玉を潜めてきたのですが、全然そのようなものはありませんでした。コースの半分くらいに、公園の水飲み場があったので、そこで水分補給をしました。公園の水飲み場を使ったのなんて、小学生低学年以来です。水飲み場には苔が生えていたので、衛生的な意味で抵抗感がなかったかといえば嘘になります。しかし私の身体は、強く水を求めていました。口に水を含むと、生き返るような心地がしました。
運動をすると幸せのハードルが、著しく下がります。幸せのハードルが下がれば、ほんのちょっとのことで幸せを感じられるようになります。私はそれが運動のいいところだと、思いました。

・走った後

走った直後は、全身にほんのり汗をかきました。風が吹くと、涼しくて気持ちがよかったです。身体は若干フラフラしましたが、胸は達成感でいっぱいになりました。ポカリスエットを飲んだら、走っている最中に飲んだ水以上に美味しく感じられました。いつもは飲み物をちょびちょびとしか飲まないのですが、その時は一気飲みをしてしまいました。
「Raffine」というランニングサポート施設でシャワーを浴びたら、スッキリしました。更衣室ではランナーの女性たちが、ランニングの情報交換などをしていました。私は普通のブラジャーを使っていたのですが、彼女たちを見て(これからランニングをするなら、スポーツ用のブラが必要かもなぁ)と考えました。
その後、パートナーと大戸屋へ行き、ビールと唐揚げを食べました。運動後の食べ物は、はちゃめちゃに美味しかったです。油が身体に染み渡りました。
それから一日経ったら、筋肉痛と頭痛が出てきました。身体に相当な負担がかかっていたのです。私は自室でベットに横たわり、天井を眺めながら(どうして運動なんか始めてしまったんだろう)とぼんやり思いました。筋肉痛が出てから3日くらいたったら、痛みがなくなりました。これからは距離を伸ばさずに、もっとスピードを落として、無理をせずに定期的に走るようにしたいと思います。

結論

筋肉痛は辛いですが、辛いことは案外すぐに忘れます。ダイエットのため、体質改善のために定期的にランニングをしていこうと思いました。

追記

走る前は、スポーツ用品店でランニングシューズ(asics約1万2千円)と、ランニングソックス(NIKE約千円)を購入しました。ランニングシューズはスニーカーよりもはるかに走りやすかったので、活用していきたいです。ちなみにランニングサポート施設「Raffine」では、Tシャツやパンツもレンタルすることができます。ランニングデビューを皇居ランでする人に、オススメです。

▲レンタルの値段(2018/5時点)

今日もモリモリ食べるっちま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です